オンライン出展

キリンビバレッジ中部圏地区本部はキリングループの一員として「健康」「環境」「地域貢献」に注力しています。 iMUSEブランドによる「健康」領域、生茶ブランドのR100ボトル・ラベルレスでの「環境」領域、中部圏における「地域社会」での取り組みをご紹介いたします。

iMUSEブランドを通じた「健康」への貢献

キリングループで研究・開発したプラズマ乳酸菌を活用した「iMUSE」ブランド販促に積極的に活動しています。「iMUSE」は免疫で日本で初めて消費者庁に届出受理された「機能性表示食品」です。中部圏では特定の団体に認知度の向上、継続的な摂取を目指した3週間チャレンジを実施するなど、弊社商品を通じた「健康」への取り組みを行っています。

詳細情報はこちら

ベルマーク活動で未来を担う子どもたちを応援

未来を担う子どもたちの教育環境整備の助成運動を行う活動として、2008年よりベルマーク付きの商品の販売を実施しています(生茶・キリンレモンブランド他)。ユニー株式会社(本社・愛知県稲沢市)との取り組みでは、店頭で集めたベルマークを毎年ベルマーク財団に寄贈しています(過去9年間で累計800万点以上)。今後も商品やキャンペーン等を通じて、地域のベルマーク運動を盛り上げていきます。

詳細情報はこちら

生茶ブランドR100ボトルの展開

生茶ブランド一部商品で再生PET樹脂100%の「R100ペットボトル」を使用しています。「環境」に配慮しPETボトルを新たなPETボトルに再生することでCO2排出量の50~60%を削減することができるようになります。2019年2月に制定した「キリングループプラスチックポリシー」に則り、21年3月に発売になる生茶ブランド商品のR100ボトルの使用、ラベルレス商品の拡大を行います。

詳細情報はこちら

「やさしいパッケージ」への取り組み

「持続可能な容器包装の開発」「容器包装の持続可能な資源循環システムを構築」に取り組んでいます。PETボトル軽量化に取り組み、2000年には1本63gあったは現在28g(500mlPETボトル)まで軽量化され、使用する原材料の削減、配送効率化につながっています。PETボトルに限らず、缶、瓶、カートンの軽量化も進めより環境負荷の小さい「やさしいパッケージ」を開発しています。

詳細情報はこちら

中部圏エリアでのお取組

「地域貢献」の一環として互恵関係を前提にした様々なスポーツチームや地元団体に商品協賛や支援を行っております。主に自動販売機におけるチームロゴのラッピングを通した認知度の向上、選手や職員の方への商品協賛をご提供。一方で弊社商品のお取り扱いや営業部へのご協力などをいただき、ともに利益ある関係を目指して活動しています。
※詳細はキリンビバレッジ中部圏地区本部までお問合せください。

資料ダウンロード
PAGE TOP