オンライン出展

特定非営利活動法人
渥美半島ハイキングクラブ

渥美半島の貴重な自然とSDGs 当法人は、持続可能な社会に向けた活動を行なう市民に対して、総合的なまちづくりを実践、提言、啓発に関する事業を行い、ハイキングを通して、渥美半島の自然保護とそれを推進する市民活動に係る問題の改善や解決を図り、 市民が豊 かに暮らせる社会の実現に寄与することを目的として活動しています。

名古屋の中学生の環境学習に協力しました

2020年11月に、名古屋の中学校の環境学習で2年生172名と先生8名を、渥美半島のハイキングコース「たはらアルプス」でガイドをしました。会員5名、クラブOG、ボランティア、東三河山ぽ会、たらめ会、渥美半島観光ビューローの協力を得て、14名でガイドしました。天候に恵まれ、岩場は息を切らし森では植生を観察しながら、無事に案内することができました。

光岩コースの登山道を整備しました

光岩 - 赤羽根町西山在住の大久保さんの言葉、「戦前は、彼岸の時だけ光る岩が見えた」が、存在を知るきっかけでした。昔の記憶をたどり、鬼おとしの会と郷土史研究グループが、平成11年に光岩を発見しました。赤羽根西山の中腹にあり、チャートは高さ9m、幅22mにわたって露出しており、日本でも最大規模を誇ります。翌年、県の天然記念物に指定されました。

詳細情報はこちら

山の日 祝日制定記念 渥美半島10名山を選定

「山の日」が祝日に制定されたことを記念し、渥美半島内の10の山を「10名山」として選定しました。「渥美半島10名山」を広域にPRすることより、市民が山に親しむ機会を増やし、観光まちづくりや、自然環境保護の啓蒙、ハイキングによる健康増進の効果も期待できます。紹介パンフレットを7000部発行し、配布しました。

詳細情報はこちら

あつみトレイル マップ第3版を発行 

渥美半島の山を訪れるハイキング愛好者は、健康志向・アウトドアブームで年々増えています。ハイキングコースのひとつで渥美半島の中央部を横断する「あつみトレイル」のコースマップは、過去に2回発行されましたが残部が少なく、コースの状況も変わっているため修正し発行しました。ハイキング愛好者の利便性や安全性の向上、また観光振興や地域の活性化に役立てます。

詳細情報はこちら

NPO訪問記 渥美半島ハイキングクラブ

名古屋の自然環境系NPO法人から、「会いに行ってきました! あいち・ぎふ・みえ NPO訪問記」の取材がありました。当法人設立のきっかけから、未来への活動目標が分かります。NPO法人地域の未来・志援センターは、愛知、岐阜、三重における持続可能な地域の市民社会づくりを目指しNPO、企業、行政、地域で活動する志ある人を支援しています。

詳細情報はこちら
PAGE TOP