オンライン出展

JAめぐみのは、食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合として「協同の力で農業と地域を未来につなぐ」を基本方針に掲げ、2020年2月1日にSDGs宣言を行いました。直売所運営を基軸とする安全・安心な食料の供給や地産地消の推進・食品ロスの削減、食農教育・農福連携、集落営農などによる多面的機能の維持、行政や地域の多様な組織との連携を通じて、持続可能な農業と豊かでくらしやすい社会の実現に向けた取り組みを進めています。

農業の新たな担い手を育てる

関係機関と協力し、新規就農者が地域の担い手として定着するために、新規就農者の募集・研修・就農・定着まで一貫した支援を行っています。 新規就農者育成事業「就農塾」とJA実証圃での研修を実施しているほか、平成28年には「郡上トマトの学校」を開校し、毎年2名程度の研修生を受け入れています。また、無料職業紹介所を開設し、農業現場における労働力不足確保にも取り組んでいます。

詳細情報はこちら

直売所を拠点に地域農業を活性化する

地元の新鮮な農畜産物と消費者を結ぶ拠点として、ファーマーズマーケットを運営しています。店内に並ぶ数多くの野菜・果物には農家の名前が載っており、それは商品の安全に自信をもっている証拠です。ファーマーズマーケットでは、色や形が悪いだけで市場に出荷できなかった規格外の農産物も販売しているほか、地元で採れた農産物を地元で消費する地産地消は、輸送コストの削減にもつながっています。

詳細情報はこちら

総合事業で組合員の生活インフラを支える

信用・共済・営農指導・販売・購買・介護・葬祭・自動車などの総合事業を展開し、組合員の営農とくらしを支えるとともに、地域住民が必要とする生活サービスを提供しています。中山間地では、ガソリンの供給やスーパーマーケットによる買い物支援、信用事業を行う移動金融店舗を導入するなど、地域のライフライン機能の一翼を担い、安心してくらせる地域社会の実現に向けて取り組んでいます。

食と農を次世代につなぐ

次世代を担う子どもたちを対象として国産農畜産物の良さを広め、農業への理解を深めることを目的に食農教育活動に取り組んでいます。管内小学校と連携して行う「夏休み親子農業体験」には、現在までに約7,500人が参加しました。そのほか、米づくり指導や野菜栽培指導、大豆の栽培・収穫・加工の体験を通じて地産地消や食品ロスの削減に取り組む「まめなかな運動」では、女性部食農リーダーが豆腐やきな粉飴づくりを支援しています。

農福連携で地域の困りごとを解決する

農業における労働力不足と福祉における就労機会不足の解決と産地の活性化を目的に特別支援学校や就労支援団体等と連携した農福連携にも積極的に取り組んでおり、円空さといもやほらどキウイの作業委託を行っています。2020年には、新型コロナウイルスの影響を受けて販売が減少した地元農産物の販売と労働機会が減少した障害のある方たちの支援を目的にクラウドファンディングを行いました。

多様な組織との連携により、地域社会に貢献する

地域農業の振興や地域の活性化を目的に、行政や地域の多様な組織との連携に積極的に取り組んでいます。銀行との農業振興に関する連携では、地元農産物の販路拡大を目的とした取り組みを実践しているほか、地元大学と共同で地域高齢者の健康づくりを支援する活動の一環として、デイサービス利用者を対象にあしゆび体操タオルを利用した高齢者の体力向上プログラムに取り組んでいます。

PAGE TOP