オンライン出展

愛知学院大学

SDGsの普及を目的とした小学生サッカー大会「AGU CUP2020 U12」(2020年12月26,27日、愛知学院大学日進キャンパス)の取り組みを紹介します。小学生を対象にSDGsについてサッカーを通して体験的に学ぶ機会を提供しました。大会は、企業、自治体との連携のもと、学生主体で運営し、チームサポート、イベント、講義、審判等約60人の学生が参加しました。当日は、愛知県内の15チーム約200名の小学生が参加しました。

誰一人取り残さないサッカー大会

本大会では、参加チームの選手(小学生)をシャッフルして新たなチームを形成し、初めて出会ったメンバーと目標に向かい協働する機会を提供しました。これにより、ただ試合に勝つだけでなく、「誰一人取り残さない=全員が楽しめるサッカー大会にすること」ために自分は何ができるか体験を通して学びました。各チームには、本学サッカー部員がコーチとしてサポートしました。大会の最後に、目標に向けて貢献した選手をSDGs賞として表彰しました。

SDGs推進イベントブース

サッカー大会の空き時間に小学生が楽しみながら学ぶことができるブースを設置しました。「ペットボトルキャップ投票」と「ゴミ箱シュート」ではリサイクルの意識を、「ブランドサッカー体験」では視覚障がい者への理解をゲーム形式で深めました。また、発展途上国支援として、不要になったスポーツ用品の回収、フェアトレード商品の販売を行い、小学生だけでなく保護者の方の理解も深めることができました。

資料ダウンロード
PAGE TOP