オンライン出展

愛知商業高校ユネスコクラブ

ユネスコクラブは、名古屋市東区にある愛知商業高校の部活動のひとつであり、名古屋の地域活性化に貢献するため、校舎屋上で都市型養蜂を行っています。採れたはちみつを活用して、地元企業と協働で社会貢献型商品の開発を行う他、倫理的消費を指す「エシカル消費」の普及・推進や伝統工芸品を未来へつなげるための活動を展開するなど、SDGsの達成に貢献するため、多分野にわたり活動を展開しています。

校舎屋上で行う都市型養蜂

学校周辺に広がる歴史遺産が数多く残るエリア「文化のみち」の持続可能なまちづくりに貢献をするため、2011年より学校の屋上で養蜂活動を行っています。採れたはちみつは、本校が尾張徳川家ゆかりの地に立地していることから、歴史と文化の香りがする「徳川はちみつ」と名付け、地域のブランド化を目指し、商標登録を行っています。

復興応援ご当地アイス「希望のはちみつりんご」

名古屋市が、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市を「丸ごと支援」していることを知り、私達にできることはないかと考え、校舎屋上で採れた「徳川はちみつ」と陸前高田市の特産品である「米崎りんご」を使用した復興応援アイス「希望のはちみつりんご」を開発しました。売り上げ1個につき8円が「陸前高田市小中学校復興基金」として現地に寄付される仕組みを取り入れており、総売上個数が10万個を達成しました。

未来へつながるフェアトレードアイス「幸せのはちみつカカオ」

開発当時、名古屋市はフェアトレードタウンの認定を目指して、気運が高まりつつありました。その中で私達もタウン認定に貢献したいと考え、「徳川はちみつ」と「ガーナ産フェアトレードカカオ」を使用したフェアトレードアイス「幸せのはちみつカカオ」を開発。売り上げの一部が「フェアトレードプレミアム」という奨励金として、現地に寄付される仕組みを取り入れており、現地の農業発展や女性支援に役立てられています。

ブライダルアイテムを伝統工芸品で!

伝統工芸品の需要の低迷や職人の高齢化など、様々な課題を知り、愛知の伝統工芸産業を活性化させるため、(株)アットホームスタジオと協働で、結婚式に使用するアイテムを伝統工芸品で制作していただく、ビジネスモデルを考案しました。有松絞りのプチギフトや名古屋友禅のウェルカムボード、常滑焼のプレートなど、新郎新婦自ら制作したブライダルアイテムが、一生に一度の結婚式をさらに彩ってくれます。

「東区彩るれんげプロジェクト」

学校が位置する名古屋市東区が、地域をよりよくするために一丸となって行っている「東区スモールアクションプロジェクト」の一環として、学校前の花壇に、地域の皆さんと一緒に「れんげ」の種まきを行いました。今年の春には、れんげが満開になり、ミツバチの蜜源となるとともに、地域の皆さんが花壇に集まり、会話に花を咲かせられるような、地域の憩いの場になってほしいという想いが込められています。

「内閣総理大臣賞」受賞!

これらの活動が評価され、令和元年度、消費者庁主催 消費者支援功労者表彰「内閣総理大臣賞」を受賞しました。この賞を受賞できたのは、これまでユネスコクラブを作り上げてきた先輩方や活動を支えてくださった地域、企業の方など、全ての皆様のおかげです。今後も先輩から後輩へと繋いできたこの活動を継続し、さらにユネスコクラブを進化させていきたいと考えています。

PAGE TOP
SDGs AICHI EXPO
実行委員会
  • 愛知県
    一般社団法人中部SDGs推進センター
    環境パートナーシップ・CLUB
    公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会
  • 愛知学長懇話会 SDGs企画委員会
    特定非営利活動法人愛知環境カウンセラー協会
    中部ESD拠点協議会
    国際連合地域開発センター
  • 独立行政法人国際協力機構中部センター
    環境省中部地方環境事務所
    株式会社新東通信
Copyright © SDGs AICHI EXPO 実行委員会