オフィシャルスポンサー

上記のタイトルをクリックすると、
該当コンテンツへ移動します。

ワタミは、外食事業、宅食事業、原材料調達から消費までのサプライチェーンを構成する事業、農業、エネルギーの事業活動を通じて、経済的・社会的・環境的ニーズの充足、従業員の幸せ、地域貢献等の持続可能な企業活動を通して、SDGsを達成します。

SDGs日本一を目指す!
ワタミグループのSDGsの取り組み

ワタミは、「地球上で一番たくさんありがとうを集めるグループになろう」というスローガンを基に、地球環境保全や社会貢献活動を推進しています。ワタミのSDGs宣言や、サスティナブル方針と、脱炭素社会、循環型社会、自然共生社会の具体的な活動を紹介します。また環境以外の、未来の子どもたちへの教育や社会貢献活動の取り組みをご紹介します。

業界初の容器回収リサイクル
容器回収リサイクル
~タスクフォースプロジェクト1~

本業の中でSDGsを推進していくために、各事業部から選定されたメンバ- で構成されているプロジェクトがタスクフォースです。現在、3つのタスクフォースを推進しています。
弁当宅配をしている容器の環境負荷を低減するために立ち上げられているのが、容器回収リサイクルプロジェクトです。自社の課題解決だけではなく、地域社会・地球環境の課題を企業活動の中で解決する、SDGsの「アウトサイド・イン・アプローチ」を取り入れ、推進しています。この取り組みは、SDGs「12つくる責任 つかう責任」「13気候変動に具体的な対策を」「14海の豊かさを守ろう」「17パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献します。

オーガニックを一人でも多くの方へ
オーガニック
~タスクフォースチーム2~

ワタミでは自社農場で生産したオーガニック野菜や酪農の生産物を外食店舗で提供しています。オーガニック料理を食べて頂くことで、お客様にもSDGsに貢献できることが、食を提供する企業としての使命と考え、オーガニックプロジェクトを推進しています。
この取り組みは、SDGs「2飢餓をゼロに」「3すべての人に健康と福祉を」「12つくる責任 つかう責任」「13気候変動に具体的な対策を」「15陸の豊かさも守ろう」に貢献します。

外食産業として日本初 RE100
~タスクフォースチーム3~

「美しい地球を美しいままに、子どもたちに残していく」という環境方針を具現化するために、2018年にRE100を宣言しました。社員やお店で働く従業員、お客様の協力を得ながら、気候変動に対する取り組みに貢献するプロジェクトを推進しています。この取り組みは、SDGs 「7エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「13 地球変動に具体的な対策を」に貢献します。

日本初のオーガニックテーマパーク
ワタミオーガニックランド

ワタミは2019年10月に岩手県陸前高田市と協定を締結し、日本初のオーガニックテーマパーク「陸前高田ワタミオーガニックランド」を開設します。有機・循環型社会をテーマにしたオーガニックテーマパークで、大きく4つのエリアに分け、20年かけて完成させていく計画です。体験型の農業テーマパークとして、ワタミが推進する6次産業モデルの拠点となるオーガニックランドについてご紹介します。この取り組みは、SDGsの全てのマークに貢献します。

多くの子どもたちに教育を
公益財団法人 School Aid Japan
~応援する社会貢献団体1~

ワタミが応援3つの社会貢献団体について紹介します。
公益財団法人School Aid Japn(以下SAJ)は、「一人でも多くの子どもたちに、人間性の向上の為の教育機会と教育環境を提供する」という活動方針のもと、カンボジア、バングラディッシュなど開発途上国の子どもたちの支援を行っています。この取り組みは、SDGs「1貧困をなくそう」「2飢餓をゼロに」「4質の高い教育をみんなに」「6安全な水とトイレを世界中に」に貢献します。

サーキュラーエコノミーと
脱炭素社会を目指す
公益財団法人 Save Earth Foundation
~応援する社会貢献団体2~

公益財団法人Save Earth Foundation(以下SEF)は、「美しい地球を子供たちに残すため、限りある自然資源を有効利用し、持続可能な循環型社会づくりに貢献すること」を目標に掲げ、「資源循環事業」と「森林再生事業」に取り組んでいます。この取り組みは、SDGs「11住み続けられるまちづくりを」「12つくる責任 つかう責任」「13気候変動に具体的な対策を」「14海の豊かさを守ろう」「15陸の豊かさも守ろう」に貢献します。

夢溢れ“ありがとう”が飛び交う社会へ
公益財団法人 みんなの夢をかなえる会
~応援する社会貢献団体3~

公益財団法人みんなの夢をかなえる会は、だれもが「夢」を持ち、「夢」を追いかけ、それによって一人ひとりが自らの資質を磨き高め、生き生きと暮らすことで、「夢溢れ、『ありがとう』が飛び交う社会の実現」に寄与することを目的としています。この取り組みは、SDGs「4質の高い教育をみんなに」「8働きがいも 経済成長も」「9産業と技術革新の基盤をつくろう」「10人や国の不平等をなくそう」「17パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献します。

PAGE TOP
SDGs AICHI EXPO
実行委員会
  • 愛知県
    一般社団法人中部SDGs推進センター
    環境パートナーシップ・CLUB
    公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会
  • 愛知学長懇話会 SDGs企画委員会
    特定非営利活動法人愛知環境カウンセラー協会
    中部ESD拠点協議会
    国際連合地域開発センター
  • 独立行政法人国際協力機構中部センター
    環境省中部地方環境事務所
    株式会社新東通信
Copyright © SDGs AICHI EXPO 実行委員会