オンライン出展

特定非営利活動法人
もりの学舎自然学校

愛知県の環境学習施設「もりの学舎」を中心に、持続可能な社会を担う人づくりの一環として、森林を中心とした環境教育事業を行っています。幼児や小学生を対象とした森や自然のことを知る体験プログラムを行い、豊かな自然を守っていくべく活動しています。また保育士、幼稚園教諭を対象とした自然との関わり方を伝える研修も行い、より多くの人が自然の豊かさを守ることに関われるよう事業を行っています。

キッズインタープリター

小学校1〜6年生約100名が登録し「もりの学舎キッズクラブ」という自然体験、環境学習体験活動を行っています。そのなかの4〜6年生が「キッズインタープリター(森の案内人)」として、一般の方に参加してもらう自然体験プログラムを作成し、3月に実施を行っています。小学生のこどもたちが自然の大切さを考え、自分たちで伝える体験を行います。

もりの学舎ようちえん

幼児親子を対象とした自然体験事業です。幼児の親世代自身がこどもの時期に自然のなかで遊んだり過ごしたりする経験が少なくなってきています。またこどもたちが安心して自然に触れることができる場所も少なくなってきており、そういった幼児親子にすこしでも自然に触れる機会を提供するために行っています。この事業をきっかけに家族で自然と触れる機会が増えたという声もいただいています。

森の伝道師

幼稚園、保育所、こども園などに、インタープリターが訪れて園児、先生に自然に触れる機会を提供しています。園庭にある自然を再発見していただいたり、身近な自然との触れあいかたを体験する機会としています。多くの園から依頼が届きます。

しぜんあそび研修

保育士、幼稚園教諭やそれら目指す学生に向けて、自然との関わりかた、自然のなかでの遊び方を伝える研修を行います。幼児期に日常的に自然に触れるためには、保育所や幼稚園などで自然に触れる機会をたくさん増やしていくことが不可欠です。

PAGE TOP