オンライン出展

名古屋市立名古屋商業高等学校
商品開発研究班

生物多様性の維持と水質浄化に大きな効果を発揮している“葦”に着目し、葦原の保全を通した環境保護に取り組んで参りました。さらにはSDGsの理念に基づき、プラスチックごみの排出抑制をゴールに定め、プラスチックの代替品として「葦のストロー」を開発しました。また、それに付随する「3R」の実現を図りつつ、ストローの末端に「大吉」などのおみくじを刻印して娯楽性を付加するなど、商品価値の向上にも努めています。

葦の持つ環境保全効果

 一見、雑草のように思える“葦”。川辺や干潟に広大な茂みを作る、このイネ科ヨシ属の多年草は、水中や土中に含まれる過剰な窒素やリンなどの栄養塩類を吸収し、藻やアオコの繁殖を抑え、水中の酸素濃度を安定させる「水質浄化作用」と、水生生物のエサ場や繁殖地を確保する「生物多様性の維持」の2つの効果を発揮しています。こうした生態系が保持されることを目的に、環境保全と商品開発との連動を図って参りました。

葦を用いた商品開発

この植物を原材料とした製品を生み出すために、まず目標としたのが“葦”を“布”に変えることです。そのため[葦]→[紙]→[糸]→[布]→[製品]の製造工程の実現を目指し、製品完成までの各産業、すなわち「製紙」⇒「紡績」⇒「撚糸」⇒「織物」⇒「染色」⇒「縫製」に携わる企業・団体のご助言やご支援をいただきながら、結果的に5種類の製品を誕生させることができました。

葦原保全に向けた啓発活動

私たちが掲げたもうひとつの目標、それは楽しみながら環境保全への理解を深めていただくこと。その具体的な取り組みとして、各種のイベント時にワークショップを開催しています。そのメニューとして「くるみボタン」「ランプシェード」「葦笛」などの工作教室を実施し、多くの方々に体験していただきました。さらに、世代を越えて興味・関心を持っていただくため、自らアニメーションを制作し、ブースの店頭で上映しています。

葦ストローの開発

昨年度からはSDGsの理念を導入し、より多様なゴールに到達するため、「葦を用いたごみ問題の解決」を新たなテーマとして掲げました。すなわち、プラスチックに代わる素材として葦を原材料とした製品を生み出し、それを多くの方々に利用していただくことで、プラスチックごみ問題への注目を喚起することも可能であると考えました。その代替品として考案し、ようやく完成までたどり着いたのが「葦のストロー」です。

より高い付加価値の付与

このストローの商品価値を高めるため、利便性だけでなく娯楽性も加味することができればその普及が加速すると考え、1本1本のストローの末端に「大吉」「中吉」などの刻印を施した「おみくじストロー」を考案し、その焼き付け作業の“協働”を愛知県立名古屋聾学校産業工芸科の皆さんに呼びかけたところ、私たちの趣旨に理解を示してくださり、現在は同校所有のバーニング・ペンを用いて、一緒に作業をしています。

PAGE TOP