オンライン出展

一般社団法人
愛知県産業資源循環協会

21世紀に入り環境への意識は以前にもまして高まり、循環型社会への移行が本格化する中、当協会は、資源循環の更なる推進、適正処理の徹底に努めるほか、地球温暖化防止への対応、CSR活動等への積極的な取り組み、業界の資質向上と循環型社会構築に全力で貢献していく。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう、17パートナーシップで目標を達成しよう。

資源循環型社会構築へ全力で取り組んでいます。

21世紀に入り循環型社会への移行が本格化する中、当協会は、資源循環の更なる推進、適正処理の徹底に努めるほか、地球温暖化防止への対応、CSR活動等への積極的な取り組み、業界の資質向上と循環型社会構築に全力で貢献していく。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、12つくる責任つかう責任、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう、17パートナーシップで目標を達成しよう。

詳細情報はこちら

3R推進と適正処理の徹底を目指しています。

2001年に循環型社会形成基本法が制定され、廃棄物の発生抑制・再資源化(3R)、そして適正処理が国の基本方針となり、排出事業者、処理業者を含め、官民一体の取り組みが進められている。 当協会は、資源循環の流れを推進する基幹産業団体として、資源循環型社会の熟成に向け全力で取り組んでいます。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう、17パートナーシップで目標を達成しよう。

詳細情報はこちら

愛知県内全ての54市町村と災害協定を締結しています。

南海トラフを震源とする巨大地震が今度30年以内に発生する確率が70%から80%と言われている。当協会は社会貢献の一つとして愛知県内の全ての54市町村と災害時における廃棄物の処理等に関する協定を締結し、大規模災害時に備えた災害廃棄物処理活動体制の整備を進めている。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう、17パートナーシップで目標を達成しよう。

詳細情報はこちら

令和元年台風19号による千曲市の災害廃棄物処理の広域支援

令和元年の台風19号で被災した長野千曲市の災害廃棄物処理の広域支援を行った。 千曲市の災害廃棄物仮置き場の管理を延べ237名(22社)で行い、ダンプ162台(43社)で愛知県内の会員企業の処理施設で約1,886トンの災害廃棄物を資源化及び焼却処理・埋め立て処分を行った。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう。

詳細情報はこちら

東日本大震災の仙台市の津波堆積物処理残渣物処理の広域支援

当協会の会員企業は、東日本大震災による仙台市の津波堆積物処理で出た津波堆積物残渣処理の広域支援を行った。 津波堆積物処理残渣を選別し、土砂等は盛土として再利用、鉄等はリサイクル、可燃物は焼却処理、スレート材等は埋め立て処分を行い、リサイクル率96%を達成した。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、13気候変動に具体的な対策を、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう。

詳細情報はこちら

協会設立30周年記念品「SDGsノート」

当協会は、令和3年7月に協会設立30周年を迎えます。これを記念して「未来のために私たちができること~環境と調和そして共存へ~」をテーマに「SDGsノート」を作りました。 この冊子により、当協会の様々な活動とSDGsの関わりを確認し、さらに発展的な活動ができるよう考えていく契機としたい。 SDGsのGOALS:11住み続けられるまちづくり、12つくる責任つかう責任、14海の豊かさを守ろう、15森の豊かさを守ろう、17パートナーシップで目標を達成しよう。

詳細情報はこちら
PAGE TOP